心にとまった詩があったので、載せておきます。

「自分の感受性くらい 」茨木のり子作

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて
気難しくなってきたのを友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
何もかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもがひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

関連記事

  1. 変化

  2. 東京女学館

  3. イタリア ベルカント唱法

  4. 武蔵川部屋の千秋楽パーティーでゲストとして歌わせて頂きました。

  5. 数学

  6. 雑誌掲載

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。