「オペラってこんなに深くて面白い」ナビゲーターとして参加しました

DSCF5275

7月3日(木) 東京大学 駒場キャンパスのフレンチレストラン「ルヴェ ソン ヴェール駒場」にて

ナレッジアンドカルチャーアカデミー主催で「オペラってこんなに深くて面白い」と題して、オペラの勉強会+コンサートを開催致しました。

47名の参加者の方がご来場頂き、フルコースディナーとオペラのアリア等を聞きながら、

オペラの種類や、オペラ劇場の秘密。歌い方など、色々なお話をさせていただきました。

また、ゲストに来ていたイタリアの指揮者「ジョアッキーノペンサート」さんからも指揮者とオペラの関係や、

イタリア音楽の特徴を説明頂いたり、実際に歌を歌っていただいたりと楽しい2時間半でした。

実は私、人前で話すのが大の苦手

幼稚園の時は1年間先生と口を聞かなかったりと、お友達を作るにも苦労してきました。

喋るのが苦手なのに、歌を歌うと人前でも感情を表現でき、コミュニケーションがとれる。

そんなコンプレックスからはじめた歌の道でしたが、ついに私の一番苦手な、人前で喋らなければいけない時がきてしまいました。

歌を歌うのと喋るのでは大分違います。

はじめはとても緊張していましたが、話しているうちに、イタリア時代の楽しい出来事

「パルマのオペラ劇場にいくたびに、50年毎回公演を聞いてきたというロッジョニスタの名物おじいさんに コーヒーを奢ってもらいながら、今日の公演の感想をのべあっていた事」

「40年劇場でピアニストをしていた有名な先生の家に住んでいて、毎朝9時に先生のピアノの音で起きていた事」

「オペラのGPとサッカーの試合がかぶったら、オーケストラの団員は皆楽譜台に携帯をおいて、こっそり試合をみてた事」

などが蘇ってきて、オペラの楽しさ、雰囲気、エネルギーなどを沢山の方に 知って頂きたいと思いました。

 

まだまだ、人前で喋るのは上手ではありませんし、今回参加して下さった皆様には分かりにくい点も沢山あり ご迷惑をかけたかもしれません。

でも、 私としては、1番のコンプレックスに正面から向き合う機会を頂いた事。

ふと振り返ると、沢山の友達がいたり、

オペラに携わる本場でしか経験のできない素晴らしい思い出があったり、

自分なりに道を歩んで来たんだなと再確認できるきっかけともなりました。

私の出来る事から社会に貢献していきたい。

オペラや音楽の素晴らしさを 少しでも多くの方に感じてもらえるように、歌う事だけではなく、色んな方向性から これからも挑戦していきたいと思います。

このイベントの主催者である石橋眞知子さんには大変お世話になりました。

また よろしくお願いします。

【イベント概要】

・主旨 豊かな日本人になるための「文化と知識を学ぶアカデミー」

・日時 平成26年7月3日(木) 開場18:15 開演18:30 (約2時間)

・主催 ナレッジ&カルチャーアカデミー 石橋 、株式会社ウィッシュ 岩間哲士

・場所 ルヴェ ソン ヴェール駒場 〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学駒場ファカルティハウス1F

・内容 フルコースディナーを味わいながら「オペラの楽しみ方」を学ぶ会です。イタリア人のオーケストラ指揮者と今脚光を浴びているオペラ歌手がナビゲートします。

・参加者 47名

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。