吐く事、吸う事


先日とても頭の良い方に出会いました。
何十冊も本を書かれている方で宇宙工学が専門なのですが、すべての分野に詳しく、はじめは先生の講演を聴かせて頂き感激してしまいその旨を伝えたら、その後、3時間ぐらい音楽についてお話する機会を作って下さいました。

学んだ事が沢山ありすぎるので、
少しずつ回を分けて書いていきます。
(お名前も今日は伏せておきますね)
まず一回目は

安田邸
「歌は息の吐き方を練習する。息を吐けば自然と空気は入ってくる。
仕事も同じ。 どう与えるかが大事。
与えたら 自然に入ってくるんだ。」
という事でした。
歌を歌う時によく沢山吸わなければならないと考える方がいるのですが、無理して沢山吸おうとしても、すぐ出てしまい、結果息は長くなりません。
吐かないと入ってこないのです。
人間も、まず誰かに与えないと入るスペースが確保できないとの事でした。

なるほどです。

関係ありませんが、今日はお掃除で200冊程の本を図書館に寄贈しました。

空っぽになったスペースに又知識が入ってくるといいな。

写真は私の家の近くにある
旧安田楠雄邸の防空壕です。防空壕が公開されるのは年に2回だけです。
安田生命などの元になった家系のお家で、大正時代に建てられたものがそのまま残っていて、当時の生活を感じられます。
行ってみてね。

 

関連記事

  1. 長田千佳ピアノリサイタル

  2. 咳を止める裏ワザ

  3. 武蔵川部屋の千秋楽パーティーでゲストとして歌わせて頂きました。

  4. ジュエリー

  5. ラーメンとヨガ

  6. 年賀状

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。