オペラ劇場あらかわバイロイト 魅惑のドイツオペラ 「後宮からの(二つの)逃走」

TIAAオペラ第60回公演
オペラ劇場あらかわバイロイト 第6回魅惑のドイツオペラ
「後宮からの(二つの)逃走」音楽・セリフ共にドイツ語上演・日本語字幕付き公演日:

2013年9月12日(木) A公演18:30
2013年9月13日(金) B公演18:30
2013年9月14日(土) C公演13:00 / D公演17:30

*開場は開演の30分前。

会場:サンパール荒川大ホール

オペラ劇場あらかわバイロイト 魅惑のドイツオペラ 「後宮からの(二つの)逃走」

チラシデータ(PDF画像

メッセージ

モーツァルトは11歳!でオペラ第一作を書いて以来、35歳で亡くなるまでに、未完作品も含めて約20曲のオペラを書いています。しかし、ドイツ語作品はそのうち僅か6曲。大半は当時のオペラの主流だったイタリア語です。しかし彼は終生、「母国語で喜劇を書く」ことにこだわりました。

《あらかわバイロイト》では、ワーグナー上演と並行して「魅惑のドイツオペラ」をシリーズ化し、「ヘンゼルとグレーテル」や、「魔笛」を上演してきましたが、今回は25歳前後という、若々しいモーツァルトのドイツオペラを2作、御紹介いたします。

〈ツァイーデ〉と〈後宮からの逃走〉は、どちらも、トルコのハーレムに幽閉されたヨーロッパ人の恋人達が、太守(サルタン)の手を逃れて逃走を謀る物語。

〈ツァイーデ〉は未完作品ですが、台本は全曲できていて、曲もハッピーエンドのフィナーレだけが作曲されなかったというものです。ドイツ語圏で最近よくやっているように、開幕の合唱曲の音楽を転用して歌詞をあてはめ、終曲としています。次作の〈後宮〉のプロトタイプになった、大変に音楽の美しい作品です。

〈後宮からの逃走〉は、映画アマデウスにも登場します。皇帝ヨーゼフ2世も臨席したウィーンの初演が大成功。モーツァルトの名声を一気に高めた名作で、華麗なコロラトゥーラからバスの超低音まで、声の魅力が満載です。

どちらも合唱と一部のナンバーを割愛して、一晩の公演に収めます。ハーレムの主人、サルタン(太守)と、従者オスミンは両作品で同じ歌手。逃げる方は前半・後半で別の歌手。つまり「後宮からの(二つの)逃走」です。なお、〈ツァイーデ〉のゴーマツは本来テノール役ですが、今回は変化をつけるために、メゾソプラノのズボン役にいたしました。

《オペラ劇場あらかわバイロイト》オペラ監督 田辺とおる

プログラム

ハーレムに幽閉されたヨーロッパ人の恋人達が逃走を謀る…
同じ物語のオペラ2本をハイライト上演!

第一部  ツァイーデ
第二部  後宮からの逃走

スタッフ

指揮:
増田 宏昭 (A/B/C) 元ノルトハウゼン歌劇場音楽監督
河合 良一 (D) オペラ劇場あらかわバイロイト首席コレペティートア

演出:桜田 ゆみ

管弦楽:TIAAフィルハーモニー管弦楽団 (コンサートマスター:三ツ木摩理)

字幕:小畑朱実

キャスト

《ツァイーデ》《後宮からの逃走》

サルタン(バッサ) 田辺 とおる(全公演)
オスミン 西 拓也(A/C) / 小野 和彦(B/D)

《ツァイーデ》

ツァイーデ 松村 萌子(A) / 二宮 望実(B) / 山本 真由美(C) / 水上 恵理(D)
ゴーマツ 東 裕子(A/B) / 栗原 千英(C) / 津久井 明子(D)
アラツィム 須山 智文(A/C) / 勝村 大城(B/D)

《後宮からの逃走》

コンスタンツェ 北村 さおり(A/C) / 徳武 雪子(B) / 小黒 久美子(D)
ブロンデ 小木曽 鮎美(A) / 鶴田 朋子(B) / 加藤 茜(C) / 萩原 雅子(D)
ベルモンテ 佐々木 洋平(A) / 石川 誠二(B/D) / 出沼哲(C)
ペドリッロ 島田 道生(A/C) / 升島 唯博(B/D)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。